髄膜腫の治療~免疫細胞を使った免疫細胞療法とは~

men doctor

治療のために早期発見

髄膜腫は女性に多い腫瘍です

women doctor

髄膜腫は脳腫瘍の中では、比較的ポピュラーな腫瘍に部類されます。髄膜腫の発生する頻度としては、1万人に1人程度の報告があります。 従来から近年にかけて、健診分野の中でも脳ドックの普及が目立っています。また、最近の動向としては、自覚症状のない方が以前より増えている傾向にあります。統計学的見解から報告されているものに男女比があり、比較的女性側に多くみられる腫瘍であるとの報告がされています。さまざまな研究から女性ホルモンと髄膜腫の関連性を述べている報告も多くみられます。今後、女性ホルモンと髄膜腫との関連性については多くの研究がされるでしょう。 治療の選択肢には、手術があげられています。この腫瘍が発生する場所は、脳の表面であり、外側から脳を圧迫するものとして報告されています。

この病気に関して今後、注意するべき点はなにか

髄膜腫は、良性の腫瘍で転移もなく比較的予後の良好な病気になります。脳の中にできる腫瘍とは違い、脳の外側に発生するものであるため脳神経外科的な手術で脳を傷つけずに腫瘍そのものを切除できる可能性は高いとの報告もあります。症状としては、脳の外側からの圧迫ということから考えると腫瘍自体の大きさが大きくなれば、症状も強くなります。腫瘍のできた場所により、症状はちがってきます。それがめまいや吐き気、頭痛などであったり、物忘れや認知症状、歩行障害なども起こりえます。脳腫瘍の大きさも大切な要因ですし、発生した場所も今後の生活に関わってきます。脳腫瘍による圧迫症状をどれだけの年月、放置されていたかなども考える要素ではないでしょうか。一度圧迫を受けた脳への影響は多少なりともあるものです。 そういった方が今後、関わってくることに、住環境の整備があるとの報告があります。手足のしびれ、転倒しやすくなった身体の状況などから住環境も変更させなくてはならないでしょう。たとえば、段差や手すりの取り付けです。床の材質もすべりにくいものに変更しないといけなくなります。今、抱えている病気に対応できる住環境の整備が大切です。