髄膜腫の治療~免疫細胞を使った免疫細胞療法とは~

men doctor

症状知る

髄膜腫の種類と症状について

women doctor

髄膜腫とは、脳腫瘍の一種です。脳腫瘍のうちの2割〜3割程がこの髄膜腫だと言われており、比較的珍しくない腫瘍です。様々な種類があり、成人女性に発症することが多いです。症状は、大きさや部位、圧迫される程度によって異なりますが、麻痺やてんかん性発作、性格面でも変化が現れることがあります。顔に痛みを生じたり、目の異常が現れることもあります。視野が狭く感じたり目が視えにくくなったり、それらの悪化でめまいを起こすこともあります。 症状がなかなか出ないこともあります。気付いた頃にはとても大きくなっている場合も少なくありません。良性か悪性かにより成長速度も変わります。人により症状の出る時期も異なりますので、早期発見のために少しでもおかしいと感じれば、受診するのが良いでしょう。

検査の方法と治療法について

検査は、主にMRI検査により診断する方法です。精密に髄膜腫の大きさや部位を診断します。髄膜腫にどの部位がくっついているのか、静脈などの周りの血管とどのように関係しているのかを、この検査によって判断し治療します。部位によってはCT検査も併用して行います。頭蓋骨に接していないかどうかでも、治療の仕方ややりやすさが変わります。 治療方法は手術で切除ことが基本です。全てを手術で取ることが出来れば経過を診る治療になりますが、全てを取り除けなかった場合は残った腫瘍に放射線を当てて治療を行うこともあります。手術は大きさや部位によって難易度が異なります。重要な血管や神経などに影響がある場合や頭蓋骨にもくっついているものだと、簡単に全てを取り除くことが難しく、特殊な手術になることもあります。 小さなうちの早期発見である方が、より簡単に完治できる場合が多いです。