通いやすいお墓を探しだそう【見学会に参加すべし】

お寺に代わるものとなる

仏壇

葬儀後にもすることがある

葬儀の形が多様化していると言われる現在ですが、宗教的な儀礼を行わなずに火葬のみを行う直葬を選択する人も増えています。けれども、やはり葬儀は行いたいと希望する人も少なくはないようです。いずれにしても、それらの儀式が終了すれば心も少しは落ち着くかもしれませんが、まだまだしなくてはならないことは残っています。しなければならないことと言うと、まず考えられるのがお墓と仏壇ではないでしょうか。ご遺体を荼毘に付した後には納骨という儀式が控えていて、これは四十九日の法要の頃に行われることが一般的です。そして、その後の供養はお墓参りとなりますが、家庭での毎日の供養に必要となるのが仏壇です。仏壇は小さなお寺だとも言われているくらいで、毎日お墓参りに行くことができない分自宅に仏壇を置いてそこが日々の供養の場となります。日本で行われている葬儀のほとんどは仏式であるため、儀式が終了した後も同様に仏壇はお寺の代わりとなってくれるので、残された家族にとっては大きな慰めの場となるでしょう。菩提寺を持ち、お墓がすでにある場合ならそこに納骨しますが、そうでない場合はお墓を探すことになります。それと同じくらい仏壇の購入も大切なことだと考えておくほうが良いかもしれません。仏壇はまずいちばん高い位置にご本尊をお祀りし、その下に位牌や写真などをお祀りして、仏具なども置きます。ご本尊は宗派によって異なるそうです。また、仏具も基本的なものは香炉、花立て、燭台となっていますが、その他に宗派によって必要なものが異なることもあります。これらは購入時に仏壇店に尋ねたり、通販であればサイトの詳細を確認したりすることが求められます。仏壇の購入は、まず置き場所を決めて、その場所の寸法をきちんと測っておく必要があります。四十九日の忌明けの頃までに本位牌を準備するのが一般的ですが、設置するのはそれ以降が良いと言われています。