髄膜腫の治療~免疫細胞を使った免疫細胞療法とは~

men doctor

脳を圧迫してしまう

髄膜腫は女性に多い腫瘍です

women doctor

髄膜腫は、脳腫瘍のひとつであり、脳腫瘍の中では一般的によく知られている腫瘍です。 女性ホルモンと関係があると言われており、女性に多い腫瘍です。 髄膜腫は、脳を包む膜から発生します。 脳そのものから生じるのではなく、 脳の外側から発生し圧迫によってできる腫瘍です。 髄膜腫は、だいたいが良性であり、 癌などとは違い大きくなるスピードが遅く、転移しません。 しかし、稀に悪性の髄膜腫もあるので、注意する必要はあります。 髄膜腫を治療するためには、ガンマナイフが使われますが、60万円以上という高額な治療費がかかります。 しかし、医療制度を利用することにより、20万円ほどの負担で済む場合もあります。 昔は、数百万円もかかっていた腫瘍の治療費ですが、現在では医療技術の進歩により、負担が軽減されています。 治療費の負担を減らすには、保険の適用できる病院で治療を受けることが前提になりますので、保険が効くかどうかを事前に調べておくことが大事です。

医療技術の進歩が医療費の負担を減らす

脳の手術は、昔は外科の一分野として行われていました。 その後、専門化されて脳神経外科が全国的に独立するようになります。 コンピューター技術の進歩が、脳神経外科の躍進を支えています。 昔は、症状と頭蓋骨の写真で脳の病気を診断していたのです。 それが今では、コンピューター技術を使ったCTやMRIなどの画像診断のおかげで、脳の正確な断面図を得ることができます。 そのおかげで、昔であれば診断できなかったような病気も、診断できるようになったのです。 技術的進歩には、顕微鏡手術の普及も関係しています。 顕微鏡手術のおかげで、脳を傷つけないように、ミクロ単位で正確に手術を行うことができるのです。 また、頭を切ることなく治療が行える血管内手術と呼ばれる方法も開発されています。