通いやすいお墓を探しだそう【見学会に参加すべし】

墓地を探す時は

墓

固定資産税は掛かりません

行動に移す前は漠然と考えていても、実際にお墓を探し出しますと、何から始めれば良いかなど、案外難しい場合があります。そこで東京でお墓を探す時は、先ず墓石を建てる墓地を探し、次に石材店を選び、墓石の素材やデザインを決めていくと良いでしょう。新設や追加募集の霊園情報はチラシなどで告知されるほか、ネットでも探せますので、日頃から多面的にチェックしておくのが得策です。見学会などが開催されるケースも多く、アクセス環境や墓地の様子を自分の目で確認する機会でもありますから、できるだけ参加しておきましょう。また、東京でも人気霊園は非常に倍率が高いため、お墓探しでは早めの行動がカギとなっています。一方、都営墓地なら石材店も自分で探しますが、民営霊園なら既に提携先が決まっていることも多く、その場合は石材店を自力で探す必要はありません。そのほか、お墓を用意する時は墓地と墓石を一緒に買うのが基本ですが、先に墓地だけ購入しておくことも大抵可能ですから、とりあえず東京で墓地を確保したい場合も大丈夫です。ただし殆どの霊園では、一定年数以内にお墓を建てるよう求めているため、その条件は確かめておきましょう。そして、お墓を買う際は霊園の一区画を購入するイメージもありますが、正しくは土地ではなく、墓石を建てる場所の使用権を購入するという解釈になります。お墓を入手しても法務局での不動産登記は不要なため、東京都主税局から固定資産税を請求されませんので、お墓を早く買っても税金面では安心です。